中古ドメインあるあるまとめ

中古ドメインを選ぶパラメータをわかりやすく考える

中古ドメインを選ぶ際のポイントは大きく分けて2つあります。1つはアルファベットの並び、もう1つはインターネット上の価値です。中古ドメインを選ぶ方の多くがウェブサイトでの利用を考えています。新規のウェブサイトの場合、検索サイトからの評価はそれほど高くありません。しかし、中古ドメインを活用することで新規ウェブサイトでも最初から検索順位が高めに出ることが多くなっています。また、SNSなどからのバックリンクも引き継げますから中古ドメインを活用することはウェブサイトの活用には必須ともいえるものです。しかし、中古ドメインを選ぶにはいくつかのパラメータがあり、わかりにくいと言われることが多いです。そこでわかりやすくパラメータを説明します。1つめのパラメータはインデックスです。インデックスはウェブサイトの判断した結果であり、ウェブサイトの通信簿とも言えるものです。インデックスが多ければ評価が高いと考えられますし、インデックスが無い場合はペナルティを受けている可能性が考えられます。ウェブサイトがあれば何らかのインデックスがあるのが通例です。また、インデックスにはカテゴリとキーワードが入っています。ウェブサイトで中古ドメインを活用するには同じカテゴリ、キーワードを活用することが必須です。2つめはバックリンクです。被リンクとも言われ、ブログやSNSなどからのリンクのことです。これらのリンクはウェブサイトが変わっても活かされます。もちろん、リンクのアドレスが同じことが条件ですが、CMSを活用することでリンクを活かしやすくなっています。バックリンクをチェックしてくれるサービスも増えていますので中古ドメインを購入前にリンクの質をチェックしておくとよいです。