中古ドメインあるあるまとめ

中古ドメインとvodafone、レジストラ選び

中古ドメインを選ぶ際に問題となるのが評価とレジストラ選びです。中古ドメインの販売業者としてはレジストラも参加している事が多くなっており、購入後そのまま使えることも多いのですが、普段自分が使っているレジストラを利用したいなら移管手数料などは早めにチェックしておきたいものです。また、多くの場合、移管はメールとウェブサービスでやり取りとなるのでタイミングやかかる期間についても調べておきたいものです。中古ドメインを買ったらすぐにウェブサイトに適用したい場合は特に要注意です。場合によっては購入後数週間移管できない場合もあります。また、中古ドメインの評価については主に2つのPOINTがあります。一つは検索サイトでの評価です。検索サイトはウェブサイトを評価するとインデックスをつくります。インデックスは公開されていますので検索サイトでドメイン検索をしてみると良いです。ドメイン検索については他にキーワードなども分かるのでコンテンツ作りに役に立ちます。また、ドメインについては履歴もチェックしておきたいです。ドメイン履歴はサービスとして提供されている場合が多く、ウェブサイトのキャッシュも用意されていることからどのような使われ方をしたかが分かります。特に利用月数は重要です。長く使われているドメインはvodafoneなどの通信キャリアのメールでもフィルタリングされないケースが多くなっており、通信販売業者などではとても重要なPOINTになっていることが多くなっています。また、インデックスがまったくなく、ドメイン履歴でウェブサイトの運用歴がある場合はペナルティを課せられてインデックスがなくなっている場合もあるので要注意です。