中古ドメインあるあるまとめ

初めての中古ドメイン購入でありがちな失敗

ありがちな失敗と考えられるのは2つあります。
一つは、ページランクのとても高い中古ドメインにすぐとびついてしまうことです。前任者が開設していたサイトがGoogleのページランク更新時に高い評価を受けた後、ランクの高いドメインとして売り出されたものを購入すると、所有者はもちろんのことサイトの内容も変わるわけですから、次回がどんなランクになるかなんて誰にもわかりません。ランクが高いからと購入を決意し、数万あるいは10万以上の投資をしたのに、1ケ月後、ランクが1になってしまったら悔やんでも悔やみきれませんよね。ページランクの高い中古ドメインはページランク評価のリスクが高いのです。それでも購入したい場合は、購入後すぐにサイトの見直しを行いアップロードをして、定期的な更新、被リンクを継続的に集めることを怠らなければ何とかあるかもしれません。
もう一つは、ドメインエイジの長い中古ドメインにすぐとびついてしまうことです。以前より、サイトのドメインエイジが長ければGoogleの評価が高まるので、購入する一つの着眼点にはなっているのですが、Googleから低い評価を受けていたサイトも含まれている可能性があります。外国の外国語で開設していたサイトのドメインを購入して、日本語サイトで立ち上げ直した場合、Google側はこの違いに気が付きます。そうなると、いくら中古ドメインにSEO効果があるといってもインデックスすらされないということも発生し得ます。そんなドメインを数万、あるいは10万以上の投資をして購入したらランクの高いドメイン同様になるのが目に見えています。
初めてだからこそ、検討にはじっくり時間をかけて、そして購入をした方が無難だと言えますよね。

中古ドメインは新規ドメインに比べて初期費用がかかる

ドメインというのはインターネット上の住所にあたるもので、http://から始まる名前のことになります。このドメインにはいくつか決まりごとがあり、商用目的の場合は「.com」ネットワークは「.net」他にも「.jo」などがあります。
企業などがホームページを構築する場合にこのようなドメインが必要になりますが、個人でもドメインは取得でき、任意の名前と「.com」などのドメイン名でサイトを立ち上げる事ができるのです。
これからインターネットにホームページを立ち上げる場合には、新規にドメインを取得する方法と、中古ドメインを使用する方法があります。新規にドメインを取得する場合はドメイン名を申請して登録しなければなりません。新規の場合は比較的費用は安くてすみますが、検索エンジンに載るようになるためには時間がかかることになります。
中古ドメインの場合は期限切れとなったドメインを取得することになります。ドメインには期限があり一年で更新しなければなりません。更新されていないドメインは期限切れとなり中古ドメインとして扱われます。
中古ドメインの特長は被リンクやページランク、運用履歴を引き継ぐことになります。質のいい中古ドメインを見つける事ができればSEO対策としてとても有効であると言えます。しかしその分初期費用は高いということになります。
これからサイトを立ち上げる場合に新しく育てていきたいという場合は費用も安く済む新規ドメインがオススメということになります。
SEO対策を考えて中古ドメインで被リンクやページランク、運用履歴を引き継いで一気に検索エンジンの上位に来るようにしたいという場合、多少初期費用がかかっても良ければ中古ドメインで成功する場合もあります。

SEOに向いている中古ドメインはこれ!

中古ドメインというのは、過去にサイト運営されていたドメインで更新期限を過ぎたドメインのことをいいます。
ドメインは取得してから1年で更新する必要がありますが、その期限が過ぎてしまったもので、中古ドメインのメリットとしては被リンクやサイトの運用履歴、ページランクなどを引き継ぐことができるということです。新規のドメインはこれからサイトを育てていくという場合に有効ではありますが、検索エンジンに引っ掛かるためには時間がかかってしまうということがあり、上位に安定して表示されることが難しいという側面があります。
このような場合に中古ドメインは被リンクやサイトの運用履歴、ページランクを引き継ぐことになるため、新規ドメインと比較してSEO対策として有効であると言えるのです。
しかし更新期限がすぎたドメインというのは実は毎日何万件ものドメインが期限切れとなっているのです。これらSEO対策に向いているドメインを探すというのも結構大変な作業となってしまいます。
そのためSEOに向いている中古ドメインを探すという必要がありますが、その中でもドメインエイジを確認するというのは有効な方法ではあります。
ドメインエイジというのは、そのドメインがどれくらい使用されてきたのか表すものです。ドメインの年齢とも言いますが、長く使用されてきたドメインは検索エンジンからの評価が高くなると言われています。
やはり古くからあるサイトはリンクが多くいろいろなWebからアクセスもあるということでサイトとしての価値が高くなるという傾向があるのです。
そのサイト内容によっても順位が変わりますが、ドメインエイジとコンテンツが充実しているサイトであったということであればより評価は高くなるということで、SEOに向いていると言えます。